かばんの補修費用一覧

かばん補修費用一覧

かばんの補修費用はそれぞれ仕様や状態により異なりますので
お手数ですが詳細はお見積もりをお願いします。

角や縁の擦り切れ

鞄の角擦れ
鞄の縁取り交換
鞄の角擦れ
TUMI角擦れ

かばんの角や縁はどうしても擦れてしまいがちな箇所です。素材が生地やナイロンだと一旦擦り切れてしまうと、どんどん生地がほつれてきてしまいます。

角に穴が空いてしまった場合にはデザインを損なわないような革のパーツで補強することができます。縁取り(パイピング)の擦れの場合は、擦れている箇所周辺の縁取りを取り除き元と同じように革で縁取り補修を行います(または全周交換)。繋ぎ目は縁取る革の端を漉いて行うため目立ちません。もしくは敢えて目立たせて補強パーツのように見せる方法もあります。

縁取りに丸い樹脂の芯材が入っている仕様の場合は革を交換することはできないので(分解する場合は可能)、革で覆って補修を行うことになります。丸い芯材が飛び出てきてしまうと元の位置に収まり難くなるので早めの補修を推奨しています。

角擦れや縁取りの擦れがあまり酷くなく革の表面が毛羽立っている程度であれば、革で補修せずに補色と保湿補修を行うことで艶を戻すこともできます。

主な補修費用

・底四隅の角擦れ補修(パーツをあてる)7.000円〜
・パイピングの擦り切れ補修(1箇所)3.500円〜
・パイピングの擦り切れ補修(分解する場合)お見積もり
・パイピング全周交換お見積もり

関連記事

付け根の裂け

鞄の付け根補修
ルイヴィトン

ストラップを引っ掛ける付け根部分の裂けですが、荷物の重さにより経年劣化で裂けてしまう場合と、乾燥により革の柔軟性がなくなり裂けてしまう場合などがあります。なかにはそもそも何も補強もされいなかったり、十分な革の厚みがなくこれでは裂けてしまいますよね、という製品もあります。補修の際には充分な強度を保たせ補修を行っています。

補修費用

・付け根の交換または補修(1箇所)3.000円〜
・本体側の裂け補修お見積もり

関連記事

ストラップの長さ調整・製作

GUCCI
ルイヴィトン
鞄のストラップ製作
JimmyChoo

海外メーカーのかばんの場合、ストラップの長さの設定が日本人の体格には長かったり中途半端な場合がしばしばあります。長い場合であればストラップの両側どちらかの付け根や美錠部分などを加工し詰めることで見栄えを変えることなく自分に合った長さに変更ができますし費用も抑えられます。

ストラップ製作の場合は長さを固定した仕様や、長さ調整できる仕様などお好みで設定できます。ストラップの幅や金具の色などご希望をお伝えください。

ストラップがついていない鞄に新たに製作したストラップの取り付けや、すでにお手持ちのストラップがあればストラップを取り付けるための金具を鞄に取り付ける加工もできます。特殊なカスタム例としては手提げ鞄をリュック仕様に変更した事例などもあります。

そのほか肩掛け、斜め掛け、手提げ仕様と3WAYで使えるように手提げストラップの追加などアレンジをすることも可能です。

補修費用

・ストラップの長さ調整(付根)1.500円〜
・ストラップの長さ調整3.500円〜
・ストラップの長さ調整(穴を増やす)100円(1穴)
・ストラップの製作お見積もり

関連記事

金具の交換・新規取り付け

鞄の金具取り付け
鞄の金具交換
JimmyChoo
TUMI

金具や樹脂パーツも経年により引っ掛けている部分や負荷が掛かる部分が徐々に摩耗し折れてしまうことがあります。補修の際には強度の高い金具やパーツにて交換を行っています。

鞄に直接縫製されているストラップを使わない時には取り外しできるように、ストラップの端にナスカン(金具)を取り付ける加工もできます。またはストラップが取り付けられるように鞄本体にDカン金具を取り付けることもできます。

補修費用

・金具の交換(1箇所)3.000円〜
・金具の新規取り付け(2箇所)4.000円〜
・Dカン金具の取り付け(2箇所)4.500円〜

関連記事

持ち手の交換

持ち手の製作
鞄の持ち手交換
TUMI
ルイヴィトン

持ち手は毎日手に触れるので痛みやすい部位になります。保湿を行なっていないと乾燥によるひび割れや擦り切れ、色褪せなどが徐々に進行してしまいます。

製作の際には色や質感が近く耐久性のある革や素材にて行います。形状や仕様がもともと壊れやすい設定の場合はご相談させていただきより壊れにくい仕様をご案内しています。

これまで使っていてもう少し幅が広い方が握りやすい、長さがもう少し欲しいなど新しく持ち手を製作する際には自分に合った仕様をお伝えいただければと思います。ナイロンベルトなどの握る部分に革が巻いてある仕様の場合は革の巻き替えも可能です

補修費用

*本体との接続方法によっても費用は異なります。

・平らなベルトタイプ(肩掛け)9.000円〜
・平らなベルトタイプ(手提げ)6.000円〜
・丸い持ち手タイプ16.000円〜

関連記事

内装交換

鞄の内装交換
内装交換
内装交換
ルイヴィトン

内装交換で多い事例は内装が合皮でできていてそれが劣化しベトベトしてしまっている場合です。婦人鞄の場合は内装が合皮で作られていることが多く、尚且つあまり使わずに天袋や箪笥の奥に仕舞いっぱなしの場合は、湿気により合皮の劣化が著しく進行してしまいます。

交換の際には基本的に丈夫な生地で対応しています。経験上、生地素材が劣化の心配も少なくカビの繁殖も起こりにくく(革だとカビの繁殖が心配です)色数も豊富で費用も抑えられオススメです。

製作の際にはスマホを入れるポケットが欲しい、貴重品を入れるファスナーポケットが欲しいなど自分仕様のカスタムが可能ですのでお伝えください。ブランドロゴなどは新しい内装に移植することができます。

補修費用

・お見積もりになります

関連記事

ファスナー・引き手の交換

鞄のファスナー交換
ファスナー交換
スライダー

ファスナー、スライダー(引き手)は消耗品なので日々の開け閉めにより開閉箇所がそれぞれ徐々に摩耗していきます。日々の消耗以外に壊れてしまう原因として多いのは、無理な状態での強引な開け閉めです。引っかかったり閉じにくいときは、両側のエレメント(ギザギザ部分)が噛み合っていないので、その状態で強引に閉じてしまうとエレメントを固定している糸が切れてしまったりエレメントが変形してしまい使用できなくなってしまいます。

ファスナーの交換は縫製箇所を全部解いて分解する必要があるので費用がそれなりにかかってしまいます。鞄の仕様によっては鞄を大掛かりに分解する必要があるので、ファスナー交換の費用というよりは、分解組立費用として割高になってしまうケースもあります。

なお一見壊れている箇所が見当たらないような場合で、閉じてもエレメントが噛み合わず閉まらない状態だとファスナー側の問題ではなく、引き手(スライダー)のレール部分の摩耗が原因という場合もあります。エレメントを通すレール部分が摩耗してしまうと閉じた際に両側にあるエレメントをしっかりと噛み合わせられなくなります。この場合はスライダーのみを交換すれば改善できる場合もありますが、新しいスライダーを通して見て閉じるかどうか確認する必要があります。

もともとファスナーが付いていないトートバックにファスナーを取り付けるというこもできますので、まずはご相談いただければと思います。

補修費用

・ファスナー全体交換お見積もり
・スライダー交換2.500円〜

関連記事

底鋲・底板の取り付け

ロンシャン
ロンシャン

鞄の角が擦れやすい場合に底鋲を取り付けることで直接地面に当たらなくなり擦れを予防できます。既製品ではよく底鋲が四隅のみについていますが、それでは中央部分が垂れてしまい擦れてしまうので、当店では基本的に底鋲は四隅と中央の5箇所に取り付けています。なお底鋲のみを取り付けても鞄の底面が柔らかい場合は垂れて底鋲以外の部分が擦れてしまうので、底板もセットでの補修が必要となります。

底鋲の大きさや色や形状はいくつか種類があります。底鋲の取り付けは直接取り付けできる場合と、内装の分解が必要になる場合もあるので費用はお見積もりにてお願いしています。

補修費用

・底鋲(5箇所)3.800円〜
・底板お見積もり

関連記事

補色補修

鞄の補色
TUMI

靴を定期的にお手入れをされる方は50%くらいはいらっしゃいますが、鞄を定期的にお手入れされるという方はあまりいらっしゃらない感じがします(店主調べ)人間の皮膚も乾燥すると粉を吹いてカサカサして最終的にはひび割れてしまったりしますが、それでも新陳代謝しているので放っておいても少しは回復はします。

同じ革でも皮革の場合は保湿をしてあげないと自ら新陳代謝はしないので乾燥してしまう一方です。そして革の場合は一旦状態が落ちてしまうと、完全に元の状態に回復ということは難しい場合が多く、その状態で現状維持といった感じになります。

同じ革でも皮革の場合は保湿をしてあげないと自ら新陳代謝はしないので乾燥してしまう一方です。そして革の場合は一旦状態が悪くなってしまうと、完全に元の状態に回復させるというのは難しい場合が多く、その状態で現状維持といった感じになります。

ですので痛んでも傷んでいなくても日々のお手入れが重要になります。乾燥による色褪せや擦り切れは、補色補修を行い表面を整え保湿を繰り返すことである程度は色艶を戻すことはできます。なお鞄自体の色を塗り替える、という補修は当店では行なっておりません。

色を変えるということはそれだけ表面に塗料を厚く塗り重ねる必要があり、そうなると革の風合いも損なわれてしまいます。厚塗りした塗膜はひび割れも生じやすくなるので色の変更は行なっていません。当店では基本的に部分的な補色補修となっています。色や革表面の仕上げ方によっては捕食した塗料が定着しない場合があるのでご対応できない場合もあります。

補修費用

・お見積もりになります

関連記事

リメイク

リメイク

使わなくなった鞄があるがもう少し小さければ使い道があるかも・・、思い出の品物だけどボロボロでもう使えないけど捨てるには忍びないので綺麗な部分だけ使って小物入れにして手元に残しておきたい・・などなどご相談いただければと思います。

補修費用

・お見積もりになります

オーダー製作

オーダー製作
時計のベルト製作

オーダー制作例
・UNITED ARROWS (京都店)の什器に取り付ける革のハンドル/オーダー家具の革の取っ手/工場で使用する刃渡り60cmの革のナイフケース/思い出の時計のベルト/ショップディスプレイの大きな財宝箱に取り付ける革の装飾品や内装製作/ミニチュアバイクの革の鞄/合皮の既製品と同じデザインを革で製作など色々と多岐に渡り承っております。

製作費用

・お見積もりになります

関連記事

TPO