スパニッシュチェアの修理

SPANISH CHAIR
REPAIR

目次
1|今月はお手入れしましたか?
2|飲み物こぼしていませんか?
3|ベルトの補修方法と補修費用

スパニッシュチェア

今月、お手入れはしましたか?

スパニッシュチェアの修理はそのほとんどが座面のベルトが裂けてしまう案件かと思います。あまり定期的に革の保湿を行われていない方が多いようで、美錠で留めている穴の部分で裂けてしまいがちです。また使われている革も天然素材ゆえに、質の状態が部分部分で善し悪しがあるようで、それが原因の一つとして裂けてしまっている場合もあるようです。

スパニッシュチェア
スパニッシュチェア
スパニッシュシェア
スパニッシュチェア

皆さんそうなのですが革が乾燥してひび割れてしまった段階で、何とかしようとようやく保湿を行うことが多いと思います。しかし革は一旦劣化してしまうと元の状態に挽回することは難しいです。人の皮膚であればひび割れても、良さげなクリームを塗ってあとは新陳代謝でなんとか元の潤いは戻りますが、皮革の場合は何もしなければ潤いが徐々に損なわれ乾燥していく一方です。なので革は使い始めから定期的に痛んでも痛んでいなくても保湿を行うことが大切です。日々のお手入れが10年、20年後の状態に影響を及ぼしますので。

飲み物こぼしていませんか?

スパニッシュチェア
スパニッシュチェア

ほとんどの修理品で座面に何かしら液体をこぼしてしまっている場合も多いです。スパニッシュチェアの良さとして肘掛けが広いので飲み物を置けるのですが・・・なのでやってしまいそうですがうっかりコップを倒してこぼしてしまわれるということなんだと思います。部分的に濡れた状態で放置すると濡れた部分とそうでない部分とでシミになってしまいますし、乾く時に革の油分も損なわれてしまうのでこれもひび割れの原因になります。

ただ中にはそういった試練を乗り越えて綺麗に飴色にエイジングをさせた座面も稀にですがあることはあります。色については使用環境や年数、お手入れ具合により色の濃さや深さが違ってきます。

スパニッシュチェア
スパニッシュチェア

ベルトの補修方法と補修費用

座面のベルトは座面から独立したパーツになっているので取り外して新しく交換できます。背面についているベルトは背面パーツと一体になっているので、痛んでいる箇所を取り除き継なぐ方法で補修を行います。

背面パーツの柱に通す二箇所の輪っかの付け根も痛みやすい部分ですが、この部分が裂けてしまうと負荷が大変かかる部位なので強度を保たせての部分補修というのは難しいかと思います。また壊れ方によっては治せたとしても見栄えが悪くなってしまうという問題もあります。

背もたれパーツ自体を作り直した事例もありますが費用は使用する革や製作方法により異なりますのでお問い合わせください。

補修費用
・座面ベルト交換費用・1箇所 12.000円
・背面ベルト補修費用  お見積もり
・新規製作  お見積もり
・お預かり期間 〜2週間程度(交換・補修の場合)

補修費用

座面ベルト交換費用・1箇所12.000円
背面ベルト補修費用お見積もり
新規製作お見積もり
お預かり期間(交換・補修の場合)〜2週間程度

補修事例

TPO